夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

誰も知らない(邦画/主演:柳楽優弥 実話を基に!)



都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄妹。しかし彼らの父親はみな別々で、学校にも通ったことがなく、3人の妹弟の存在は大家にも知らされていなかった。ある日、母親はわずかな現金と短いメモを残し、兄に妹弟の世話を託して家を出る。この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの「漂流生活」が始まる……。

製作: 2004年/日本
監督: 是枝裕和
出演: 柳楽優弥, 北浦愛, 木村飛影, 清水萌々子, 韓英恵

観た感想は……。

1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件をモチーフに作られた映画だそうです。
12歳の長男役を演じた柳楽優弥が、史上最年少および日本人として初めての第57回カンヌ国際映画祭・最優秀主演男優賞を獲得したことで、当時 大きな話題になっていました。

ふと、このタイトルを思い出し、観てみることに!

悲しいストーリーが淡々と進んでゆきます。
母は帰ってこない、電気、ガス、水道も止められて、どんどん生活が苦しくなる……。汚れていく部屋や服の様子など、子供たちだけで暮らしていく日々……。

育児放棄された子供たちだけで生きるということが、どれだけ深刻か、やっぱり観ていて辛くなりました。
(こんな、ひどい……)

そして、この作品の子供たちは、過酷な状況の中でも“誰も泣かない”というのがとても印象的でした。
涙を見せない子供たちの姿を、なぜ、監督は撮ったのだろう……? と思ってしまった。

最後まで観ましたが、何とも言い表せない想いで、胸が苦しくなりました。

親としての責任の重大さ、家族や周辺の社会のあり方を問いかけた作品で、考えさせられる映画でした。

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 邦画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する