夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

アポカリプト(洋画/ドキドキ・ハラハラする!)



小さな村で狩りをして暮らす青年ジャガー・パウは、妻や仲間とともに平和な暮らしを送っていた。ところが、ある日、マヤ帝国の傭兵による襲撃を受け、必死の抵抗も虚しく村は占領され、ジャガーたちは捕虜として連行されてしまう。行き先を知らされないまま赴いた厳しい道のりの果は、自分たちが何故ここまで連れてこられたのか、衝撃の真実を目の当たりにすることに……!

製作: 2006年/アメリカ
監督: メル・ギブソン
声の出演: ルディ・ヤングブラッド, ダリア・ヘルナンデス, ジョナサン・ブリューワー

観た感想は……。

なんとなぁ~く観たら、なっ、なんか凄かったですΣ(゚д゚|||)

捕虜の脱走と生き残りを掛けた逃走が描かれていて、残虐で生々しいシーンが多いけど……。
主人公の青年 ジャガー・パウの逃走劇に、目が離せなくなりました。

壮大な森の中を、傷をおいながら、死に物狂いで逃げまくる主人公の「恐怖と勇気」を体感するアクション映画かな。

後半……敵から、逃げる、追われる、ひたすら走り続ける主人公の、手に汗握る奮闘に注目です!
逃走アクションの演出もスピーディで、まさにジェットコースターのよう……。
とにかく息つくヒマがなく、ひたすら主人公「がんばれ!」と応援しながら観ていました。

ジャガー・パウが非常に勇ましくカッコいいです。

セリフのマヤ語を始め、映画経験のない無名のキャストたちをキャスティングし、マヤの遺跡として有名なピラミッドを再現。
『パッション』で世界中に衝撃を与えたメル・ギブソン監督の執念を感じる。
最後まで飽きることなく、ドキドキ・ハラハラしながら観れて面白かったです(*^-^*)

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する