夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

オートマタ (洋画/人間とロボットの終わりと始まり・・・)



人間と、彼らを守る二つのルールが組み込まれた人工知能(A.I.)搭載のオートマタが共存する社会。オートマタは砂漠化を防ぐための巨大防御壁の建設や、機械式の雲を作るため、人間に代わる労働力として、必要不可欠となっていた。そんな中、この絶対破ってはいけないルールが破られた。オートマタが改造されたのだ。混沌とした世の中で、ロボットの心が覚醒し、その一方で人間のモラルが崩壊していく。人間とロボット、それぞれの視点での終わりと始まり・・・。未来はどこにいくのか?

製作: 2013年/スペイン、ブルガリア
監督: ガベ・イバニェス
出演: アントニオ・バンデラス, ビアギッテ・ヨート・スレンセン, メラニー・グリフィス

観た感想は……。

近未来もので、砂漠化が進んでいて、人間に代わる労働力として、必要不可欠となっていたAI搭載のロボットが……!
という よくあるストーリーですが、しっかり作りこまれた世界観は良かったです。

淡々と進むストーリーで、全体に哀しさが漂っています。
人間に未来がないからとか……。でもロボットにも大した未来はなさそうで……なんか物哀しい感じだけど……。

それでもヴォーカンがゴンドラを操作して、クリオたちを川(谷?)の向こう側へ渡らせてあげるシーンは、なんか好きです。
希望がある感じが良かったって思った。

あの瞬間――――・・・
人間からロボットに、バトンタッチ。人類が絶滅しそうな世界で、ロボットが次の種になろうとする第一歩。
そういう背景を描いている映画なんだなぁ~って。

予想していたものとは違いましたが……。
派手なアクションもなく、世界観重視で静かなSF映画なのが逆に良かったと思います。

哲学的&人工知能の進化と理解、RENJI 的には、なかなか面白かったです(*´▽`*)

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する