夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

461個のおべんとう (邦画/主演:井ノ原快彦、道枝駿佑)



長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」。この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束"が生まれ、父・一樹の怒涛のお弁当作りが始まる――。

製作: 2020年/日本
監督: 兼重淳
出演: 井ノ原快彦, 道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.), 森七菜, 若林時英, 工藤遥

観た感想は……。

バンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美のエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を実写映画化。
渡辺俊美さんと息子さんの心温まる【実話】ということで、気になって観てみました。

お父さんと息子さんがメインのお話なので、セリフは少なめだけど、空気感で読みとれる感じがとても良かったです。

お弁当を通して我が子の成長を見守る父。
3年間の途中で喧嘩もするけど、真っ直ぐに成長してゆく息子。
お弁当という毎日のやり取りで、【親子の絆】を育んでゆく……。

実話を元にしていて、淡々と進んでいくストーリー展開が、何だか、とても心地よかったです。
お弁当、音楽、青春と恋愛、そして親子愛の物語。
見終わった後に、心がほっこりする映画でした(*´▽`*)

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 邦画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する