夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

サロゲート (洋画/主演:ブルース・ウィリス)



近未来。人々が、あらゆる社会活動を代行する身代わりロボット“サロゲート”を操作して生きる時代。それは、犯罪や殺人とは無縁の安全な世の中のはずだった―。しかし、ロボット開発者に関係するひとりの大学生が殺され、極秘の捜査に当たることになったFBI捜査官グリアー(ブルース・ウィリス)は、次第に事件の裏に潜む恐るべき巨大な陰謀にたどり着く・・・。そう遠くない未来に設定されたユートピアで突如巻き起こった、ロボットと生身の人間の対立の行く末は、共存か、断絶か?! 一瞬たりとも目が離せない衝撃のエンターテイメント。

製作: 2009年/アメリカ
監督: ジョナサン・モストウ
出演: ブルース・ウィリス, ラダ・ミッチェル, ロザムンド・パイク, ボリス・コドジョー

観た感想は……。

人間は自宅で身代わりロボット“サロゲート”を、部屋にこもって操作して生きる時代。

確かに、リアルな世界に身を置くことがなくなれば、外に出ないから怪我や危険な状況に遭うこともない。
風邪や色んなウイルス感染の心配もしない。
そして自分の身代わりロボットは、いつまでも若くいられる……。

でも、それって、どうなんだろう……。
「人間らしさとは?」
RENJI は、やっぱり生身の人間の方がいいなぁ~。

ブルース・ウィリス演じるFBI捜査官・グリアーのサロゲート(身代わりロボット)が若いです!
サロゲートだから、余計なのかな。
髪の毛がフサフサに生えた彼は、何だか違和感が凄かったです(^_^;)

グリアーの妻も、若く美しいサロゲートを操り、サロゲートでしかコミュニケーションを取ろうとせず……。
身近な妻でさえも、同じ家にいるのに会うことのない夫婦……。
サロゲートを通してでしかコミュニケーションが出来ないなんて、悲しすぎる……。

ラストシーンでは、夫婦愛に打たれて、ちょっと感動しました。

ストーリーはテンポよく進み、雰囲気やメッセージ性も良かったと思います。
89分という長さもサクッと観れて、ちょうど良い感じ。
思っていたよりも、面白くて楽しめました(*´▽`*)

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する