夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

モンスターハンター (洋画/主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ)



大ヒットゲームシリーズ「モンスターハンター」のハリウッド実写映画化!
作戦行動中に砂漠で消息を絶った偵察小隊。その探索に当たっていたアルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)率いる特殊部隊は、突然、激しい砂嵐に飲み込まれてしまう。砂嵐が去った後、彼らの眼前に現れたのは、異世界の光景と…ありえないサイズの超巨大モンスターだった! 近代兵器が通用しないモンスターの猛攻! 絶体絶命の危機を救ったのは、巨大な剣を携えた一人の男(トニー・ジャー)。彼はモンスターを狩るために戦う者=モンスターハンターであった。──狩るのは人間か? モンスターか!? 究極のサバイバルが今始まる!!

製作: 2020年/アメリカ
監督: ポール・W・S・アンダーソン
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ, トニー・ジャー, ティップ・“T.I.”・ハリス, ミーガン・グッド, ディエゴ・ボネータ

観た感想は……。

ハリウッド実写映画化ということで、凄く楽しみにしていた映画です。

ゲームの「モンスターハンター」でおなじみのモンスターが、リアルな質感と、なめらかな動きで姿を現したときは、さすがはハリウッド映画と思いました。
恐ろしいまでの迫力で、モンスターが描かれていて最高です!

モンハン世界の人たち、武器や服装も雰囲気が出ています。

ただ、アイルーは可愛くなかったです(-_-;)
観る前から知ってはいたけど、見た目がワイルド過ぎて、やっぱり 『これじゃな~い!!』 って思っちゃった(^-^;
アイルーと言えば、どうしても可愛さを求めてしまう……。

ストーリーは、主人公が現実世界から、異世界(モンハンの世界)に飛ばされるということで、『モンスターハンター』を知らない人にも分かりやすくしたのかなぁ~。

RENJI は、この映画「モンハン」の世界のストーリーなのかと思っていたので、現実世界とか出てきちゃて……。
『あれ、思ってたのと違う……』ってなりました。

でもモンスターが現れるたび、ワクワクして楽しかったので、これはこれで面白かったです(*´▽`*)
ゲームの「モンスターハンター」が好きなので、そのモンスターが見れただけで満足な感じかな♪

現実世界に「モンハン」のモンスターが現れるとか、ちょっとワクワクしたりして♪

ラストが続編ありそうな終わり方だったので、続編を期待したいですッ!!
実写映画で、もっと他のモンスターも見たいなぁ~♪

そういえば、ハンター(トニー・ジャー)が話す”モンハン言語”を、松坂桃李さんが吹き替えしています。
日本語を話さない吹き替え、最初に台本を見て、目が点になったそうです。

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する