夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

アイ・アム・レジェンド (洋画/たった1人生き残った男!)



ロバート・ネビル(ウィル・スミス)は優れた科学者だが、彼でさえ、その恐ろしいウイルスを食い止めるすべを知らなかった。だが、なぜか免疫があったネビルは、荒れ果てたニューヨークで たった1人生き残り、愛犬サムを唯一の話し相手に究極の孤独を味わっていた。無線で毎日メッセージを流し続けるも、生存者からの返答はなし。だが彼は“1人”ではなかった。ウイルスに侵され、変異した人間たちが闇に潜み、ネビルのあらゆる行動を監視していた。人類再生の手段を探るネビルだったが、彼には圧倒的多数の敵が迫り、時間は刻々となくなっていく……。

製作: 2007年/アメリカ
監督: フランシス・ローレンス
出演: ウィル・スミス, アリーシー・ブラガ, ダッシュ・ミホック

観た感想は……。

生存者のいない街で暮らしながらワクチンを開発する、ウィル・スミスの一人芝居が素晴らしいです。
そして、なんといっても、愛犬サムの存在がとても大きい! 主人公ネビルは究極の孤独と闘いながらも、サムがいることで、どれだけ心の支えになっていたか。
サムが深い「孤独」から守ってくれていた……。

そ、そんな愛犬サムが感染してしまい、抱き締めながらの……シーンには、涙が溢れてしまいました (´;ω;`)ウゥゥ

後半・生存者が現れ、命を助けてもらったネビル。
死を覚悟して突進したはずなのに……。
翌朝・目覚めたら、生き残っている自分がいて、もう誰も残ってないかもと思ってたのに、目の前に生存者がいる!

そりゃ、パニック状態であの“態度”なんだよね。
分かっているけど観ていると『なにそれッ!』とネビルの態度に、毎回ちょっとムカついてしまいます(^-^;
これって、RENJI だけかなぁ~??

もう何回も観ていて、面白いです(*´▽`*)
この作品は、エンディングが2つあります。
劇場版ではない、衝撃の別エンディングの方が好きです。
いくつかの設定や伏線が明らかにされていて「なるほど!そういう事かぁ~!」と納得できるので♪

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する