夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
 

マレフィセント (洋画/「眠れる森の美女」のもうひとつの物語)



名作「眠れる森の美女」のもうひとつの物語、禁断の秘密が明かされる!
主人公は、『眠れる森の美女』の悪役にして、邪悪な妖精マレフィセント。あのロマンティックなおとぎ話を“悪役マレフィセント"の視点で描き、これまでディズニーが封印してきた"禁断の秘密“を、史上空前のアクション・ファンタジーとして暴きます。
隠されていた誰も知らない“本当の物語"をドラマティックに描き出した、“永遠の眠り"の呪いが生んだ究極の愛の物語!

マレフィセント
製作: 2014年/アメリカ   監督: ロバート・ストロンバーグ
出演: アンジェリーナ・ジョリー, エル・ファニング, シャールト・コプリー, レスリー・マンヴィル, イメルダ・スタウントン

観た感想は……。

邪悪な妖精マレフィセントになるには、それなりの理由があった……。
悲しい過去、裏切られた「マレフィセント」がとても切なく可哀想。。。

でも悪にはなりきれなかった心の奥の優しさと「愛」。
マレフィセントの優しさが隠しても、にじみ出てくるのが伝わってきて、凄く良かったです。

そういえば、マレフィセントの弱点が意外な物だったので、面白いと思いました。

マレフィセントに呪いをかけられたオーロラ姫。
「永遠の眠りから目覚めさせるのは、真実の愛のキスだけ……」

その「真実の愛のキス」が、ちょっと意外でした。
キスシーンは「眠れる森の美女」のイメージがあったから、一瞬「えっ…」ってなったけど!、なんか納得しちゃいました。

『眠れる森の美女』を“悪役マレフィセント"の視点から描いた作品。
映像も綺麗で、ストーリーも分かりやすく、時間の長さもちょうど良いと思います。

面白くて、もう何回も観ている好きな映画です(*^-^*)

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する