夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアム バンダイ
 

アス (洋画/自分のドッペルゲンガーが襲ってくる!)



アデレードは、夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、因縁深いサンタクルーズの家を訪れる。
そこで不気味な偶然に見舞われ、アデレードは過去のトラウマがフラッシュバックし、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていく。その夜、家の前に自分達一家がとそっくりな“わたしたち"現れ・・・!!

アス
製作: 2019年/アメリカ   監督: ジョーダン・ピール
出演: ルピタ・ニョンゴ, ウィンストン・デューク, エリザベス・モス, シャハディ・ライト・ジョセフ

観た感想は……。

監督がコメディアンということもあるのかな、笑いと恐怖のバランスが絶妙でした。

ドッペルゲンガーたちの挙動は、変で可笑しかったです。
武器はハサミだし。長年の計画を経て現れたのに、なぜ、それを武器に選んだのか。。。なぞ(^-^; ??

そうそう回想のシーンでは……。
地上と地下で、なぜかシンクロした動きをしていて、それを観たらシュールで笑ってしまいました。
このシンクロ設定は、さっぱり分からないです(・・?

収容施設は余りにデカすぎて、ビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
でも彼らの人数を考えると……。
それより驚きだったのが、あそこは簡単に出入り出来たのぉ!? ってこと。

意味深げな存在として出てくる膨大な数の、ウサギ。
何を意味しているのか、ちょっと分からなかったけど……。
ウサギは多産で繁殖力が高い動物らしいので、観ていたら「そーゆーことか、なるほど!」って勝手に思ってみたりして(^-^;

ホラー映画独特の怖さはなかったので、普通に観れました。
まっ、自分とそっくりな“わたしたち"が現れ、それが襲ってきたら怖いは怖いけど……(^-^;

でもってホラー映画というより、SFに近いと感じた映画かなぁ~。
後半からSF要素も取り入れられているし(*^-^*)

ラストである真実が判明するけど……。
RENJI は「ん? もしかして……?」って、途中で気付いてしまって予想通りのラストでしたが……。
最後の最後、息子ジェイソンのことは予想できなかったなぁ~。

息子ジェイソンは気付いたみたいだったけど、素直に『気付いた』と捉えていいのかな?

RENJI 的には、それなりに楽しめ面白かったです(*´▽`*)

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する