夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアム バンダイ
 

人魚の眠る家 (邦画/娘への母の想いが痛いほど・・・)



二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら、離婚することになっていた。そんなある日、二人の元に悲報が届く。娘の瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。医師から「脳死の可能性が高く回復の見込みはない」と言われ、二人は「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つのかという、生かすか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる。 奇跡を信じる夫婦は、ある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく―!

人魚の眠る家
製作: 2018年/日本   監督: 堤幸彦
出演: 篠原涼子, 西島秀俊, 坂口健太郎, 川栄李奈, 山口紗弥加

観た感想は……。

「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死を待つのかという、究極の選択!
脳死と心臓死での違い……、それを受け入れられない母親。

電気信号を流して、娘の腕や足を動かして喜んでいる姿が、余りにも痛々しくて見ていられなかったです。

そして衝撃だったのが、娘の口角を引き上げ、電気信号によって作り出された”娘の笑顔”は異様でゾっとしてしまいましたが……。

脳死状態となっても、身体は温かく心臓も動いている娘の死を受け入れられず……。
いつか再び目を覚ますと軌跡を信じたいと、希望をもつ母親の想いは痛いほど伝わってきました。

観ていて、胸が痛かったです……( ノД`)

娘を愛する余りに気味が悪く怖い場面もありましたが、『脳死』という重く難しいテーマを、最後は綺麗にまとめられていた気がします。
「脳死とは何か、 命とは、生きるとは……」を深く考えさせられる映画でした。

関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 邦画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する