夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアム バンダイ デアゴスティーニ
 

第9地区 (洋画/気付いたらエイリアン側、応援してた!)


第9地区 [Blu-ray]

製作: 2009年/アメリカ、ニュージーランド   監督: ニール・ブロムカンプ
出演: シャールト・コプリー, デヴィッド・ジェームズ, ジェイソン・コープ

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン製作によるSFアクション。
ある日、南アフリカ上空に突如現れた正体不明の巨大宇宙船が漂着し、異星人を難民として受入れることになった南アフリカ。 襲って来ることもなく、難民として降り立ったエイリアンと人類との共同生活が始まる。 それから28年が経過し……。

観た感想は……。

この映画に出てくるエイリアンは、エビ型なんですが……。
虫嫌いなRENJI が観ると、エビ型エイリアンでは無く、
その姿は、ゴキブリなどの昆虫を連想してしまい、凄くショッキングでした。

嫌いなゴキブリ~!
早く出ていけ~!

そう思いながら人間側について観ていたのですが、
観ていくうちに、エイリアンの方に感情移入してしまい。
気付いたら、エイリアンを応援していました。

人間がやられると「やった~!」みたいな(^-^;)

エイリアンの親子愛も、ピュアで良かったです。

またドキュメントタッチでインタビューや解説者が出てきたりするのが
良い雰囲気を作り出してると思います。

それから、人間側として差別していた主人公が、
ある薬品を体にあびて感染し、体が変化していき……。
段々とエイリアン側に感情移入してしまうのも良かったです。

気付いたら、エイリアン側を応援していた!
ということもあり、
見終わった後「おぉ~、凄い!」と思える映画でした。

グロイシーンもあるけど、面白かったです。

ストーリーもしっかりと作られていて、テンポ良く進み、
CGも最初から違和感を感じさせないです。
関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する