夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアム バンダイ デアゴスティーニ
 

ディープ・ブルー (洋画/ドキュメンタリー)


ディープ・ブルー
-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]


製作: 2003年/イギリス、ドイツ
監督: アラステア・フォザーギル, アンディ・バイヤット

自然ドキュメンタリーの老舗、英国BBCの制作スタッフが、7年もの歳月をかけて撮り上げた壮大な海のドキュメンタリー映画。

ロケ地は世界各国200か所にも及んだという。 鰯の群れを巡ってのイルカとサメ、カツオドリの激しい攻防戦。シャチに狙われるコククジラの親子や、コウテイペンギン……。 数々の生物が懸命に生きる姿は、時に微笑ましく、時にショッキングで、時に感傷的。 深海5000メートルの未知の水域で自ら光を発する発光性動物をとらえた映像など、これまで誰も観たことのない驚異のスペクタクルの連続に魅せられます。

観た感想は……。

特に、深海5000メートルの未知の水域で撮った映像が観たくて、
借りたのですが、生物の生態や名前など、ほとんど説明がないのが、
とても残念でした。

“ナレーションが少ない”そこがイイのかも知れないけど、
ひたすら海の生物の映像が続き、時々ナレーターの解説が入るくらいです。
「あれは、どんな生物なの?」と色々、気になってしょうがなかったです。

映像は“自然美”と言った方がいいのかな。
とても綺麗でした +゚。*(*´∀`*)*。゚+

かなり迫力のあるシーンも満載で、弱肉強食の残酷なシーンもありますが、
とにかく“カメラアングル”に驚くと思います。
その被写体の近さに!!w(゚o゚)w

それから、この映画は疲れてる時に観ると眠くなってしまうかもです。
時間に余裕がある時にでも、ゆっくり観ることを「お勧め」します!
自然系が好きな人には「たまらない」作品かもです。
ちなみに人間はいっさい登場しません。
関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する