夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアム バンダイ デアゴスティーニ
 

パッション (洋画)


パッション [DVD]

製作: 2004年/アメリカ、イタリア   監督: メル・ギブソン
出演: ジム・カヴィーゼル, モニカ・ベルッチ, マヤ・モルゲンステルン

神を冒涜しているという罪で捕らえられたイエスが、ローマ帝国の総督ピラトのもとに連行される。ピラトは民衆の声に押され、イエスを十字架に掛けると判決を下す。イエスは拷問を受けた末に、十字架を背負ってゴルゴダの丘へと歩いていく。

観た感想は……。

この映画は、イエス・キリスト最後の12時間と復活を元に忠実に映画化したもので、
メル・ギブソンが12年もの構想歳月をかけ、巨額なポケットマネーを投じて製作し
た映画とのことです!!

どれだけ聖書に忠実かという一面は、セリフが全編ラテン語、アラム語だけを用い、
新約聖書の記述を忠実に再現したとのこと。
なのでDVDで観たのだけど、日本語吹き替えに変えられませんでした。
英語と日本語の字幕しかなかったです。

TVか雑誌か、なにで情報得たか忘れましたが、この映画をみた観客が……。
確かー、心臓麻痺だったかな……? 2人ショック死した方がいるそうです。

確かに残虐な描写が……!! 目を背けたくなります。
観た人は判ると思いますが、鞭打ちのシーン凄く胸が痛くなりました。
痛々しくて、何とも言えないです。
RENJI には、余りにも残酷なシーンの印象が強くて……。
観た日の夜、夢で同じシーンを見て、目を覚ましてしまった程です。

この映画を観て、少しでも何かを感じられたか……。
それとも、何も感じられなかったか……。
自分で自分を見つめられる作品だと思います。

何というか……凄い映画でした。
宗教観に捕らわれず、気になる方は観て下さい。
関連記事

携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する