夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

パラノーマン ブライス・ホローの謎(アニメ映画)

舞台は、300年前にの現場になったと言われている町ブライス・ホローに住むノーマンは、死んだ人たちと会話することのできる変わった能力をもっていた。その能力のせいで、すっかり変わり者扱いされてしまっているノーマン。そんなある日、ノーマンは疎遠になっていた叔父さんに再会し、衝撃の事実を打ち明けられる!製作: 2012年/アメリカ監督: クリス・バトラー声の出演: コディ・スミット=マクフィー, タッカー・アルブリジー...

続きを読む



舞台は、300年前に<魔女狩り>の現場になったと言われている町ブライス・ホローに住むノーマンは、死んだ人たちと会話することのできる変わった能力をもっていた。その能力のせいで、すっかり変わり者扱いされてしまっているノーマン。そんなある日、ノーマンは疎遠になっていた叔父さんに再会し、衝撃の事実を打ち明けられる!

製作: 2012年/アメリカ
監督: クリス・バトラー
声の出演: コディ・スミット=マクフィー, タッカー・アルブリジー, アナ・ケンドリック, ケイシー・アフレック

観た感想は……。

「コララインとボタンの魔女」のライカ・エンターテインメントが手がける3Dストップモーションアニメ。
3Dストップモーションって、なに? って思ったら、キャラクターの顔を作成するのに3Dカラープリンタを使った初めてのストップモーション映画なんですね!

不思議な能力を持つ少年ノーマンがゾンビや魔女と戦うストーリー、なかなか面白かったです(*´▽`*)
変わり者扱いされているノーマンが、心の成長と共に、いじめや偏見を乗り越え、最後には……。

また子供向け映画と思いきや、大人も楽しめると思います。
ストーリーは単純で“ゾンビ”ものの暗めだけど、教訓的な内容が含まれているので、お子様にお勧めかな。
でも小さな子には、ゾンビとか怖いかも……(^-^;

そういえば、エンドロール後に映像があるのですが、知っていても、作ってる映像を観ると惹き込まれてしまう。
静止している物体を、1コマ1コマ少しずつ動かしカメラで撮影し、連続して動いているかのように見せる。
すごいよね~~!!


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : アニメ映画

Comment-open▼ * Comment : (0)

スペースガーディアン(アニメ映画/宇宙の平和を守り抜け!)

宇宙の平和を守るべく奮闘するデコボコ兄弟の姿を描いたアクションアドベンチャー・アニメ作品。ゲイリーとスコーチの兄弟は、宇宙でのお助け屋さんを担うスペース・レンジャーズ。怖いものなしで惑星バーブの人気者の弟スコーチと真面目だけど少し怖がり屋の兄ゲイリーは今日もどこかで困っている人を探している。そんなある日、上司のリナが宇宙で最も危険といわれている惑星・地球からのSOSをキャッチ、救出を命令する。ゲイリ...

続きを読む



宇宙の平和を守るべく奮闘するデコボコ兄弟の姿を描いたアクションアドベンチャー・アニメ作品。
ゲイリーとスコーチの兄弟は、宇宙でのお助け屋さんを担うスペース・レンジャーズ。怖いものなしで惑星バーブの人気者の弟スコーチと真面目だけど少し怖がり屋の兄ゲイリーは今日もどこかで困っている人を探している。そんなある日、上司のリナが宇宙で最も危険といわれている惑星・地球からのSOSをキャッチ、救出を命令する。ゲイリーは綿密な準備の必要を説くが、早く出て行きたいスコーチは兄の警告を聞かず地球に向かい、悪の地球人シャンカーに捕らわれてしまった。弟を救うべく、ゲイリーは地球へと出発するのだが……。

製作: 2013年/アメリカ・カナダ
監督: カル・ブランカー
出演: ロブ・コードリー, ブレンダン・フレイザー, サラ・ジェシカ・パーカー

観た感想は……。

知人が貸してくれたので、なぁ~んとなく観てみました。

宇宙で最も危険と言われている惑星が『地球』。
地球はすごく危険な星と認識している中、宇宙人兄弟は地球に来るのだけど、人間に遭遇してしまった時のゲイリー反応が可愛かった💗

“エリア51”の近く?にあるコンビニは、なんと実名で出てきたから新鮮だった(*^-^*)
お店の外観、そのまま完璧じゃん!

それから、タッチパネルに検索エンジン、SNSなどは、実は全部宇宙人が発明!b(’0’)d
それを人間が横取りして“金儲け”しているという、なんか凄い設定なんだけど……(^-^;

何の期待もせず、なぁ~んとなく観たら、意外や意外とても面白かったです(*´▽`*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : アニメ映画

Comment-open▼ * Comment : (0)

メリダとおそろしの森(アニメ映画/吹替え:大島優子)

馬を駆り、弓を射ることが大好きなお転婆な王女メリダは、魔法で熊に変えられてしまった母を救う手掛かりを探して、森に足を踏み入れる。そこで彼女は、思いもよらない自分の運命と向き合うことに……。〈家族の絆〉と運命を自分で切り開いていくヒロインの冒険を描いた、勇気と感動のファンタジー・アドベンチャー。製作: 2012年/アメリカ監督: マーク・アンドリュース, ブレンダ・チャップマン声の出演: ケリー・マクドナルド, ...

続きを読む



馬を駆り、弓を射ることが大好きなお転婆な王女メリダは、魔法で熊に変えられてしまった母を救う手掛かりを探して、森に足を踏み入れる。そこで彼女は、思いもよらない自分の運命と向き合うことに……。
〈家族の絆〉と運命を自分で切り開いていくヒロインの冒険を描いた、勇気と感動のファンタジー・アドベンチャー。

製作: 2012年/アメリカ
監督: マーク・アンドリュース, ブレンダ・チャップマン
声の出演: ケリー・マクドナルド, エマ・トンプソン, ビリー・コノリー
吹き替え: 大島優子, 山路和弘, 塩田朋子

観た感想は……。

メリダの自分勝手な行動が原因で、まさか母親が熊になるとは思わなかったです(^-^;
さらに、3つ子の弟たちまでも……!!

母親が魔法で“熊”になってしまった、これはきっかけに過ぎないけど……。物語が進むにつれて、メリダは自分が間違っていたと気付くことが出来ます。

メリダの成長と“家族の絆”がテーマ……。
母娘の確執や色々あって、家族は互いを理解し“絆”を深め合えるのが良かったです。
とは言いつつも……。
やっぱり、メリダがずっと“魔女のせい”って言っていたのには、『お前のせいだろッ!』ってイラッとしたかなっ(^▽^;)

それにしても、メリダの3つ子の弟が、とても可愛かったですッ(≧▽≦) もっと活躍させて欲しかったなぁ~って思いました。

この作品、小さい子には、映像も全体的に暗いシーンが多く、内容も少し難しいかなって思います。
大人が観る分にはいいです(*^-^*)
RENJI 的には、めちゃくちゃ面白いというわけではないのだけど、なぜか、たまに観たくなる作品です。
毎回観るだび楽しませてもらってます(*´▽`*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : アニメ映画

Comment-open▼ * Comment : (0)

ラーヤと龍の王国(アニメ映画/信じることの大切さ!)

その昔、この王国は聖なる龍たちに守られ、人々は平和に暮らしていた。邪悪な魔物に襲われた時、龍たちは自らを犠牲にして王国を守ったが、残された人々は信じる心を失っていった…。500年もの時が流れ、信じる心を失った王国は、再び魔物に襲われる。聖なる龍の力が宿るという──その守護者の一族の娘、ラーヤの旅が始まる。遠い昔に姿を消した “最後の龍"の力を蘇らせ、再び王国に平和を取り戻すために…。製作: 2021年/アメリカ監...

続きを読む



その昔、この王国は聖なる龍たちに守られ、人々は平和に暮らしていた。邪悪な魔物に襲われた時、龍たちは自らを犠牲にして王国を守ったが、残された人々は信じる心を失っていった…。500年もの時が流れ、信じる心を失った王国は、再び魔物に襲われる。聖なる龍の力が宿るという<龍の石>──その守護者の一族の娘、ラーヤの旅が始まる。遠い昔に姿を消した “最後の龍"の力を蘇らせ、再び王国に平和を取り戻すために…。

製作: 2021年/アメリカ
監督: ドン・ホール, カルロス・ロペス・エストラーダ
声の出演: ケリー・マリー・トラン, オークワフィナ, アイザック・ワン, ジェンマ・チャン, ダニエル・デイ・キム

観た感想は……。

映像は、とても綺麗で幻想的でした。
アジアンテイストでファンタジーな雰囲気と世界観が、すごく良かったです。

いつも一緒にいる可愛い相棒のトゥクトゥク。
見た目はアルマジロのようで、ダンゴムシのようなに体を丸めて、コロコロ転がる行動を見せて可愛かった。
手のひらに乗る大きさの頃からのラーヤの親友だけど、巨大に成長して、今ではラーヤを背中に乗せて移動する乗り物に!
う~ん……デカいッ(^-^;
けど観ていたら、何だかRENJI も「トゥクトゥク」に乗ってみたくなっちゃった(*^-^*)

RENJI 的には、子供、親子で観てほしいかなぁ~♪
お互いを理解し合うのは なかなか難しいけど、「信じることの大切さ」ディズニーらしいメッセージとストーリー展開をお楽しみ下さい(*^-^*)

テンポ良く進み、お互いに“信じあう心の大切”が伝わってくる、よく出来た映画で面白かったです(*´▽`*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : アニメ映画

Comment-open▼ * Comment : (0)

竜とそばかすの姫(アニメ映画)

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界「U(ユー)」に参加することに。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けた「As」としては自...

続きを読む



自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界「U(ユー)」に参加することに。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けた「As」としては自然と歌うことができた。ベルは瞬く間に話題となり、歌姫として世界中から注目される。そんなベルの前に、 突如、現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。

製作: 2021年/日本
監督: 細田守
声の出演: 中村佳穂, 成田凌, 染谷将太, 玉城ティナ, 幾田りら

観た感想は……。

なんか凄い期待して観たら、思っていたのと違かったです(-_-メ)

予告映像を観たら「面白そうだなぁ~」と思ったんだけど、実際に本編を観たら【美女と野獣】。「美女と野獣」感が凄かったので「これ、美女と野獣じゃん」って、似ているシーンを探しながら観てるという状態に……(-_-;)

あとで知ったのですが、『美女と野獣』をモチーフにしていたんですね。最初から、この情報を知っていたら、感想が変わっていたのかも知れません……。

映像は、とても綺麗でした。
でも一番聴きたかった歌の部分が、RENJI には歌詞が聞き取れないところが多かったです。というかー、ほとんど聞き取れなかった……(-_-メ)
その為、「日本語じゃないの?」とか「何語で歌っているの?」と、ずーっと気になってしまいました。

観終わってから、一緒に観たJURAに聞いてみたら、「普通に聞けたよ」って返事が返ってきてビックリΣ( ̄□ ̄|||)
どうやら、RENJI だけが聞き取れなかったみたいです(-_-;)
なっ、なぜ聞き取れない……(・・???
(RENJI と同じく、歌詞が聞き取れなかった。聴き取りにくかったって人いるのかなぁ~?)

それから、児童虐待が描かれていたけど、主人公の周りの大人は馬鹿なの? 虐待がある家だと分かっているところに、主人公の女の子を1人で向かわせるって描写は、どう考えても危険だと思う。
逆上した親に何されるか分からないし。最悪、殺されてしまうことも……。

で、あの後、どうなったの?
虐待されていた子の、その後が描かれていなくて、すごく気になってしまいました。

う~ん……。
RENJI 的には、色んな意味でモヤモヤ感が残ってしまい、楽しめなかったです(-_-メ)

でもって、ちゃんと歌詞が聞き取れたなら「音楽や映像を楽しむ映画なのかなっ」とも思いました(*^-^*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : アニメ映画

Comment-open▼ * Comment : (0)