夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアムバンダイ プレミアムバンダイ
 

スペルズ / 呪文(洋画/戦慄の心霊ホラー!)

母を亡くし、寄宿舎で暮らす姉のオルガと弟のアルチョム。寂しさからかアルチョムは、亡き母の姿を行く先々で見たと訴えるのだが、誰も取り合おうとしなかった。そんなある日、姉のオルガは友人となったアリサ、ソニア、ユージン、キリルたちとアルチョムが母親を見たという部屋に忍び込み、古い大きな鏡を発見する。鏡が発する不気味な空気に盛り上がったオルガたちは、度胸試しのつもりである有名な呪文を鏡に唱えてしまう。製作...

続きを読む



母を亡くし、寄宿舎で暮らす姉のオルガと弟のアルチョム。寂しさからかアルチョムは、亡き母の姿を行く先々で見たと訴えるのだが、誰も取り合おうとしなかった。そんなある日、姉のオルガは友人となったアリサ、ソニア、ユージン、キリルたちとアルチョムが母親を見たという部屋に忍び込み、古い大きな鏡を発見する。鏡が発する不気味な空気に盛り上がったオルガたちは、度胸試しのつもりである有名な呪文を鏡に唱えてしまう。

製作: 2019年/ロシア
監督: アレキサンダー・ドモガロフ・Jr
出演: アンジェリーナ・ストゥレチーナ, ダニイル・ムラヴィエフ・イゾトフ, ウラジスラフ・コノプレフ, アナスタシア・タリジナ, ウラジーミル・カヌヒン

観た感想は……。

映像も綺麗なゴシック・ホラー系で、なかなか雰囲気も良かったです。

呪文を唱えると、願いが叶うという鏡……。
願いが叶うと、どうなるの?

なんか印象に残ってしまったのは、食いしん坊のソニアの願いの叶い方が、すべて食べ物が虫に見えてしまうとか、口からアイツが出てくるなんて~ッ!!
虫嫌いなRENJI には怖すぎる~ッッo((⊙﹏⊙))o

そして怖いといえば、弟アルチョムが持ってる人形の“顔”が怖すぎて不気味でした。
RENJI の苦手なタイプの……人形。
絶対、部屋には置けないやつだ (^-^;

ラストは予想通りだったので、思わず「やっぱり!」って声が出てしまいました。
RENJI 的には違うラストが良かったなぁ~とか思ったりして……(^-^;

テンポは良かったと思います。
登場人物は殺されたりするけど、RENJI 的には怖くなかったです。でもゴシックな雰囲気が良かったのもあって、普通に楽しめました(*´▽`*)
怖いシーンは抑え目なので、ホラー初心者向けって感じかな。


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

Comment-open▼ * Comment : (0)

プラットフォーム(洋画/遥か下まで続く…穴!)

その“穴"は世界を変える! ある日、ゴレンは目が覚めると「48」階層にいた。部屋の真ん中に穴があいた階層が遥か下の方にまで伸びる塔のような建物の中、上の階層から順に食事が"プラットフォーム"と呼ばれる巨大な台座に乗って運ばれてくる。上からの残飯だが、ここでの食事はそこから摂るしかないのだ。同じ階層にいた、この建物のベテランの老人・トリマカシからここでのルールを聞かされる…1ヶ月後、ゴレンが目を覚ますと、そ...

続きを読む



その“穴"は世界を変える! ある日、ゴレンは目が覚めると「48」階層にいた。部屋の真ん中に穴があいた階層が遥か下の方にまで伸びる塔のような建物の中、上の階層から順に食事が"プラットフォーム"と呼ばれる巨大な台座に乗って運ばれてくる。上からの残飯だが、ここでの食事はそこから摂るしかないのだ。同じ階層にいた、この建物のベテランの老人・トリマカシからここでのルールを聞かされる…1ヶ月後、ゴレンが目を覚ますと、そこは「171」階層で、ベッドに縛り付けられて身動きが取れなくなっていた! 果たして、彼は生きてここから出られるのか!?

製作: 2019年/スペイン 
監督: ガルダー・ガステル=ウルティア
出演:イバン・マサゲ, アントニア・サン・フアン, エミリオ・ブアレ

観た感想は……。

縦に長いタワー型の2人部屋。
部屋の真ん中に空いた穴を通って、“プラットフォーム”と呼ばれる巨大な台座に乗せられ、食事が運ばれてくる。
上の階層から順番に食べ、残りが下の階層にと続いてゆく。
下に行けば行くほど、食事はひどい状態になり、食い散らかした汚い状態に……!

あれは、食べられない。食べたくないと思っても、それでも食べないと飢えて死んでしまう……。
巨大な台座は下へ下へと食事を運ぶが、その食事もなくなると……。ついには……殺し……合って……!!

上の階層の人が“思いやり”を持ちさえすれば、食べ物を残していけば、下の層の人たちも食べられる。
そう考える人がいても……。

最後まで観たら、モヤモヤ感が残ったかなっ(^-^;

16歳未満は入所できない規則があるのに、なぜ子供がいた?
あれは、ゴレンの幻覚だと思えばいいのか。
でも、あれを食べていたから“実在”していた!?
だとしたら、う~ん……気になるなぁ~。

格差社会を痛烈に風刺しているSFホラー。
風刺映画だと思って観たら、縦に長い建物で例えられていて分かりやすく残酷に表現されたストーリーは、色々考えさせられる作品でした。
あんなに下層が深いなんて……(-_-メ)

それにしても、謎の施設は“刑務所”なんだ……よね?


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

Comment-open▼ * Comment : (0)

ウォーム・ボディーズ(洋画/イケメン「ゾンビ」が人間に恋をした!)

ゾンビとニンゲンが敵対する近未来――。ゾンビ男子Rは、ある日、襲撃するはずのニンゲン女子ジュリーにひと目ぼれし助けてしまう。最初は恐れをなし、徹底的に拒絶していたジュリーも、Rの不器用全開な純粋さや優しさに次第に心を開きはじめる。出会ってはいけなかった、けれど、うっかり出会ってしまった二人の恋。彼らの恋は、ゾンビの死に絶えた“冷たい"ハートを打ち鳴らすことができるのか!? そして、終わりかけている世界に、...

続きを読む



ゾンビとニンゲンが敵対する近未来――。
ゾンビ男子Rは、ある日、襲撃するはずのニンゲン女子ジュリーにひと目ぼれし助けてしまう。最初は恐れをなし、徹底的に拒絶していたジュリーも、Rの不器用全開な純粋さや優しさに次第に心を開きはじめる。出会ってはいけなかった、けれど、うっかり出会ってしまった二人の恋。彼らの恋は、ゾンビの死に絶えた“冷たい"ハートを打ち鳴らすことができるのか!? そして、終わりかけている世界に、もう一度“温かな"希望をよみがえらせることができるのか!?

製作: 2013年/アメリカ
監督: ジョナサン・レヴィン
出演: ニコラス・ホルト, テリーサ・パーマー, ジョン・マルコヴィッチ

観た感想は……。

恋愛・ゾンビ・コメディ映画。
イケメン“ゾンビ”が“人間の女の子”に一目ぼれ!
この設定の面白さに惹かれて観てみました。

今は使われていない飛行機の中で、ゾンビがレコードをかけ音楽を聴く。しかも主人公の「R」は、こだわりあるレコードコレクターって……(^▽^;)
(そんなゾンビ初めて見た!)

ゾンビが椅子に座ったり、車を運転したり……。
RENJI 的には、ゾンビ同士の会話がツボに入ってしまい笑いました(*´▽`*)

でもって集団で現れ人間を襲いに行く行為や、脳を食べるゾンビには、そんな理由があったとは……!
これは、ゾンビ目線の映画じゃないと知ることが出来なかったなぁ~(^▽^;)

恋に友情に戦いに、所々笑い要素も加えられた斬新な“ゾンビ目線”の映画。
ゾンビが自分の意識を表現し、ゾンビの主人公「R」が“人間の女の子”に恋してしまうという設定がとても良かったです。

ゾンビ映画ですが、ホラー要素が少なく、RENJI 的には全然怖くなかったです。
ホラー苦手な人も、『こんなゾンビ・ラブコメ映画があったのか!』と楽しく観られる映画だと思います。

まさかのゾンビ映画に、胸キュン💗
RENJI 的には、すごく面白くて、意外なラストも良かったです。ほっこり温かい気持ちになれる映画でした(*´▽`*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

Comment-open▼ * Comment : (0)

アイアンマン3(洋画/主演:ロバート・ダウニー・Jr.)

トニー・スタークは見えざる敵の脅威におびえ、一心不乱に新型パワードスーツの開発をしていた。心身ともに追いつめられたトニーはある日、世界転覆を企む謎の男マンダリンから攻撃を受け、全てを奪われてしまうが……。アイアンマン“最後"にして“最大"の戦いが始まる――。製作: 2013年/アメリカ監督: シェーン・ブラック出演: ロバート・ダウニー・Jr., グウィネス・パルトロウ, ドン・チードル, ガイ・ピアース, ベン・キングズ...

続きを読む



トニー・スタークは見えざる敵の脅威におびえ、一心不乱に新型パワードスーツの開発をしていた。心身ともに追いつめられたトニーはある日、世界転覆を企む謎の男マンダリンから攻撃を受け、全てを奪われてしまうが……。アイアンマン“最後"にして“最大"の戦いが始まる――。

製作: 2013年/アメリカ
監督: シェーン・ブラック
出演: ロバート・ダウニー・Jr., グウィネス・パルトロウ, ドン・チードル, ガイ・ピアース, ベン・キングズレー

観た感想は……。

『アイアンマン』、『アイアンマン2』の続編で、「アベンジャーズ」の後に続く物語が描かれています。

ニューヨークにおける『アベンジャーズ』の戦いから1年……。
一心不乱に新型パワードスーツを開発し続け、遠隔操作と自動装着を可能にする新型アーマー“マーク42”まで開発!
凄すぎるッッΣ(゚□゚(゚□゚*)

かつての戦いが原因で精神的に追い詰められていたトニーは、悪夢や発作に悩まされ、どこに行くにもアーマーを持ち歩くようになってしまい。
もう“アーマー依存症”って言うのかな。そんなトニーが克服するのか、そこも見所の1つだと思います。

でもって、トニーがスーツを開発し続けてくれたおかげで、凄い数のアイアンマンが登場!
クライマックスで何十体ものスーツが集結するシーンは圧巻です。 スピード感といい、迫力満点、とにかく映像が凄いッッ!!
ワクワクしたぁ~~(≧▽≦)
アイアンマンファンにとっては感激です!

前2作を遥かに超えるスケール感に、ストーリーのドラマ性はもちろん、アクションシーンのかっこ良さ。
テンポも良く、すごく楽しめ面白かったです(*´▽`*)
シリーズ通して、何回も観ています!

このシリーズが好きな人であれば、楽しむことができると思います。
ロボット好きの方にも、お勧めかなッ♪


こちらより 前作↓
アイアンマン
アイアンマン2


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

Comment-open▼ * Comment : (0)

アップグレード(洋画/想像を超える面白さ!)

近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていた男グレイは、突然現れた謎の組織により幸せを奪われる。妻は殺され、自身は全身麻痺となってしまう。実験的に巨大企業の科学者によってグレイに埋め込まれたAI(人口知能)チップ、“彼"の名前は「STEM(ステム)」。AIの力で全身麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れたグレイは脳内で会話する相棒「STEM」とともに、妻を殺害した謎の組織に復讐を誓う――。製作: 2018年/アメリカ監...

続きを読む



近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていた男グレイは、突然現れた謎の組織により幸せを奪われる。妻は殺され、自身は全身麻痺となってしまう。実験的に巨大企業の科学者によってグレイに埋め込まれたAI(人口知能)チップ、“彼"の名前は「STEM(ステム)」。AIの力で全身麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れたグレイは脳内で会話する相棒「STEM」とともに、妻を殺害した謎の組織に復讐を誓う――。

製作: 2018年/アメリカ
監督: リー・ワネル
吹き替え: ローガン・マーシャル=グリーン, メラニー・バレイヨ, ベッティ・ガブリエル, ハリソン・ギルバートソン, サイモン・メイデン

観た感想は……。

近未来を舞台にしたSFアクションで、“AIと人間の闘い”ものだと聞いていたので、ストーリーを何となく想像していたら、その想像を超える面白さでした(*´▽`*)

全身麻痺になった人間の体が“AI ”に操られて動くという状況は、新感覚です!
ロボットの動きがリアルというか、人間的でない動きというか、独特な動きが観ていて面白かったです(*^-^*)

ちょっとグロいシーンもありますが……。アクションシーン多めで観ていて飽きないです。所々、笑えるシーンもあり。

ストーリー展開もテンポもよく、伏線回収もしっかりされていて、どんでん返しに次ぐどんでん返し、衝撃のラストは見物です!!

ハッピーエンド、それとも バッドエンド?
彼からすれば、ある意味“ハッピーエンド”なのかな(*^-^*)
いや、でも、あれをハッピーエンドと言っていいのか……。何とも言えない後味・……。

まっ、後味が何にせよ。
この映画、なかなか面白かったです(*´▽`*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

Comment-open▼ * Comment : (0)