夢幻巣窟 ~むげんそうくつ~

RENJI(レンジ)とJURA(ジュラ)の2人が描いた創作イラストを公開しつつ、小説、ポエム、無料携帯待受け画像、ゲーム日記、観た映画の感想など色々更新しています。

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
 

Mr.ビーン 劇場版 (洋画/めちゃくちゃ笑いました!)

大富豪によってイギリスの美術館から名画が買い戻され、アメリカで展示されることになったため、ロンドンの美術館は厄介払いも兼ねてビーンを派遣する。だが、名画の前で「くしゃみ」をしたため、一発で台なしに。奇想天外な修復が始まる。 名画の除幕式に出席し、挨拶まですることになったビーン。しかし案の定行く先々で彼は大騒動を巻き起こしてしまうのであった……。Mr.ビーン 劇場版製作: 1997年/イギリス、アメリカ   監督...

続きを読む



大富豪によってイギリスの美術館から名画が買い戻され、アメリカで展示されることになったため、ロンドンの美術館は厄介払いも兼ねてビーンを派遣する。だが、名画の前で「くしゃみ」をしたため、一発で台なしに。奇想天外な修復が始まる。 名画の除幕式に出席し、挨拶まですることになったビーン。しかし案の定行く先々で彼は大騒動を巻き起こしてしまうのであった……。

Mr.ビーン 劇場版
製作: 1997年/イギリス、アメリカ   監督: メル・スミス
出演: ローワン・アトキンソン, ピーター・マクニコル, パメラ・リード

観た感想は……。

イギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソンが演じる『Mr.ビーン』の劇場版です。
劇中のコメディは新規のものと、過去にテレビシリーズで行なわれたものがあります。
テレビ版も観たことありますが、どれも面白かったです。

おバカすぎて、ビーンのやる事なす事、面白おかしいのにッ( *´艸`)
さらに彼の表情や変な動きをしたりするから、余計に笑ってしまいます。

次から次へと色々な事が起きて、RENJI のツボにはまりまくりッ!
めちゃくちゃ笑いましたヾ(≧▽≦*)o


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 洋画

Comment-open▼ * Comment : (0)

西遊記 ヒーロー・イズ・バック (アニメ映画)

守りたいものがあれば、強くなれる! 伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子・おチビちゃんを助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう! ところが悟空の力は封印されたまま、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュ...

続きを読む



守りたいものがあれば、強くなれる! 伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子・おチビちゃんを助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう! ところが悟空の力は封印されたまま、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュウアーそして猪八戒(ちょはっかい)の3人は長安へ旅に出るのだが……。はたして悟空は、かつてのチカラを取り戻し、真のヒーローになることができるのか

西遊記 ヒーロー・イズ・バック
製作: 2015年/中国   監督: 田暁鵬
声の出演: 咲野俊介, 羽村仁成, 子安武人, 麦人, 遠藤純一, 園崎未恵

観た感想は……。

中国制作アニメ歴代1位の興行収入192億円(2015年中国公開時)の大ヒット映画だそうです!

余り期待ぜずに観たのですが……。
RENJI の想像をはるかに超え、映像がとても綺麗で、そのクオリティの高さにちょっと驚きました!

これは面白かったです(*^-^*)
キャラの動きもよく、迫力満点のアクションシーンが盛りだくさん!!
ストーリー展開もテンポよく進み、所々笑いもあり、観ていて楽しかったです♪

RENJI が知っている「西遊記」とはかなり違うけど、これはこれで良かったです(*´▽`*)


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : アニメ映画

Comment-open▼ * Comment : (0)

もらとりあむタマ子 (邦画/主演・前田敦子。役になりきってます!)

東京の大学を出たものの、父親がひとりで暮らす甲府の実家に戻ってきて就職もせず、家業も手伝わず、ただひたすらに食っちゃ寝の毎日を送る23歳のタマ子が、やがてわずかな一歩を踏み出すまでの1年を追う。もらとりあむタマ子製作: 2013年/日本   監督: 山下敦弘出演: 前田敦子, 康すおん, 伊東清矢観た感想は……。前田敦子、はまり役と思えるほど、役のなりきり様が半端ないです。タマ子のぐうたらぶりがあまりにもリアルに演じ...

続きを読む



東京の大学を出たものの、父親がひとりで暮らす甲府の実家に戻ってきて就職もせず、家業も手伝わず、ただひたすらに食っちゃ寝の毎日を送る23歳のタマ子が、やがてわずかな一歩を踏み出すまでの1年を追う。

もらとりあむタマ子
製作: 2013年/日本   監督: 山下敦弘
出演: 前田敦子, 康すおん, 伊東清矢

観た感想は……。

前田敦子、はまり役と思えるほど、役のなりきり様が半端ないです。

タマ子のぐうたらぶりがあまりにもリアルに演じていたので、あっちゃんの日々を観てるように思えてきたから凄いなぁ~って。

この映画を観てからは、あっちゃん観るたび「ぐうたら」なイメージが頭から消えなくて困ってます(^-^;
なので、変な映画を観てしまったなぁ~って感じ。

クスっとできるシーンもあり、まあまあ楽しめました。


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 邦画

Comment-open▼ * Comment : (0)

人魚の眠る家 (邦画/娘への母の想いが痛いほど・・・)

二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら、離婚することになっていた。そんなある日、二人の元に悲報が届く。娘の瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。医師から「脳死の可能性が高く回復の見込みはない」と言われ、二人は「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つのかという、生か...

続きを読む



二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら、離婚することになっていた。そんなある日、二人の元に悲報が届く。娘の瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。医師から「脳死の可能性が高く回復の見込みはない」と言われ、二人は「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つのかという、生かすか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる。 奇跡を信じる夫婦は、ある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく―!

人魚の眠る家
製作: 2018年/日本   監督: 堤幸彦
出演: 篠原涼子, 西島秀俊, 坂口健太郎, 川栄李奈, 山口紗弥加

観た感想は……。

「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死を待つのかという、究極の選択!
脳死と心臓死での違い……、それを受け入れられない母親。

電気信号を流して、娘の腕や足を動かして喜んでいる姿が、余りにも痛々しくて見ていられなかったです。

そして衝撃だったのが、娘の口角を引き上げ、電気信号によって作り出された”娘の笑顔”は異様でゾっとしてしまいましたが……。

脳死状態となっても、身体は温かく心臓も動いている娘の死を受け入れられず……。
いつか再び目を覚ますと軌跡を信じたいと、希望をもつ母親の想いは痛いほど伝わってきました。

観ていて、胸が痛かったです……( ノД`)

娘を愛する余りに気味が悪く怖い場面もありましたが、『脳死』という重く難しいテーマを、最後は綺麗にまとめられていた気がします。
「脳死とは何か、 命とは、生きるとは……」を深く考えさせられる映画でした。


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 邦画

Comment-open▼ * Comment : (0)

AI崩壊 (邦画/AI が命の選別をし、殺戮を始める!)

2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める!!AI崩壊製作: 2020年/日本   監督: 入江悠出演: 大沢たかお, 賀来賢人, 岩田剛典, 広瀬アリス, 髙嶋政宏観た感想は……。AIの暴走という題材は、それほど目新しくはないの...

続きを読む



2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める!!

AI崩壊
製作: 2020年/日本   監督: 入江悠
出演: 大沢たかお, 賀来賢人, 岩田剛典, 広瀬アリス, 髙嶋政宏

観た感想は……。

AIの暴走という題材は、それほど目新しくはないので、余り期待ぜずに観ましたが……。

この映画のタイトルから『AI VS 人間』の話しを想像していたら……。
結局、 『人間 VS 人間』の話しで、機械を間違った使い方をするとケガをするみたいな話しで、なんか AI の存在理由が薄く感じてしまい、少し残念な気がしました。

けれど、医療AI にスポットをあてているのは良かったと思います。

衝撃のラスト、まさか犯人は「あの人」だったとは!!
って……RENJI は割と早い段階で気付いてしまいましたが、それでも最後まで観れました(^-^;

う~ん。。。犯人の動機が恐ろしい……。
動機については、賛否を呼ぶと思いますが……。

AIと人間が共存する世界……。
技術の進化はますます加速して、より便利な世界になるだろうけど……。
近未来、AI が普及したら、こんなことが起こるかもしれないとか思うと怖いですね。

長過ぎず・短過ぎず、緊迫感もあり、テンポよく観れたのが良かったです。
飽きさせない展開で、そこそこ楽しめました。


携帯待ち受け記事をご覧の方は、「拍手のお礼」ページにて画像が表示されますので、下記の拍手ボタンより「ダウンロード」して下さい。それ以外の記事からは、普通の「拍手」になります。

Theme : 観た映画感想 * Genre : 映画 * Category : 邦画

Comment-open▼ * Comment : (0)